フィリピンの孤児院で交流ボランティア
 
こども達の笑顔のためのボランティア8~14日間
 
  
 
 孤児院に住み込んで、8月はこども達の遊び道具作りを行い、9月はコテージの修繕作業を行います!空いた時間にはこども達と思い切り遊んだり、こども達のための楽しいイベントを企画したりします♪大人からの愛情やケアを必要としているこども達に楽しい時間と笑顔、そして安全な暮らしを届けましょう!
 

< こんな人にオススメ >

 ・頭身体もフル活用してこどものために活動がしたい!

 ・こどもが好き!社会福祉士や保育士として働きたい!

 ・途上国の児童福祉や、孤児院のこどもに関心がある!

 

  
資料請求
説明会に参加する

1.活動内容・ポイント 

2.日程・旅行代金   

 3.フィリピン概要    

4.参加者の声     

5.申込み方法     

  1.活動内容・ポイント
 
ポイント1
ポイント1

こども達の笑顔を作り、生活を支える

▼ 遊び道具作り&コテージ修繕 ▼

ポイント1
ポイント1

こども達を深く理解する

▼ イベント企画&お世話 ▼

ポイント3
ポイント1

現状を理解する

▼ 現地のスタッフと交流&課題を学ぶ ▼

 

資料請求
説明会に参加する

 

 

 

 

  2.日程・旅行代金

 

 

 

■日程・旅行代金:

日程A:2017年814日(月)~821日(月)  7泊  8日

日程B:2017年9  5日(火)~914日(木)  9泊10日

 

■申込み締切り:

日程A:2017年78日(土)

日程B:2017年78日(土)

※締切り後の申込みはお問合せください。

 

■最小催行人員:   3

■募集予定人員:15

 

■旅行代金:

日程A:16万円

日程B:166千円

 

【旅行代金に含まれるもの】

成田空港-マニラ空港の往復航空運賃、現地交通費(自由行動時除く)、食費(日程A:朝5回、昼5回、夜5回/日程B:朝7回、昼7回、夜8回)、宿泊費、アクション会員費、活動協力費

【旅行代金に含まれないもの】

年遊特別付加運賃、航空保険料、成田空港使用料、マニラ空港税、海外旅行保険の保険料

 

 

 

<スケジュール>
1日目

 朝:成田空港集合後、マニラへ出発

 マニラ空港到着後、専用車で孤児院へ移動

孤児院泊
2日目

 孤児院でオリエンテーション

 市場散策・ 施設のこども達とウェルカムディナー

 こども達に歯磨き指導

孤児院泊

<日程A>

3-6日目

 

<日程B>

3-12日目

<日程A>遊び道具作りボランティア

 何を作るかは皆さんで考えます♪

<日程B>コテージ修繕ボランティア

 男の子のコテージの修繕ワーク♪

 

*日程A・B共通*

・一般家庭の様子を知るホームステイ体験

・フィリピンの福祉事情やこども達の

 背景についてのレクチャー

・オロンガポ市内観光 など

孤児院泊
最終日前日

 さよならパーティー

孤児院泊
最終日

 マニラ出発 / 夜:成田空港着、解散

※利用予定航空会社:フィリピン航空

※宿泊先:孤児院ジャイラホーム

※成田空港以外からの発着も可能です!ご希望の方はお問合せください。

※添乗員は同行しません。現地係員としてNPO法人アクションのスタッフが同行します。

 

 

■引率者紹介

引率スタッフ山内志乃

 

日本人スタッフが全日程を引率します!

このプログラムでは、全日程でフィリピン事務局スタッフが引率します!現地での生活のサポートの他、必要に応じて通訳にも入りますので、初海外・初ボランティアの方でも安心してご参加いただけます。

  

資料請求
説明会に参加する

 

↓↓もっと詳しく知りたい方はコチラ↓↓


3.フィリピン概要

4.参加者の声

5.申込み方法

 

  3.フィリピン概要

フィリピンは7107の島々から成る東南アジアの国です。長い間、スペイン・日本・アメリカの植民地であった歴史があり、言語は母国語のフィリピノ語(タガログ語)以外に、英語も多く話されています。英語の通用度はアジアで一番と言われ、最近では留学先としても人気の高い国です。気候も人も温かく、フィリピン人はホスピタリティに溢れる国民性とも言われています。そんなフィリピンですが、貧富の格差が大きい国でもあります。首都マニラ近郊には高層ビルや高級ショッピングモールが立ち並ぶ一方でスラム街やゴミ山も依然として存在し、孤児や路上で働くストリートチルドレンの姿も多く見られます。発展の傍らで貧困の連鎖がなくならない事が、フィリピン社会全体の大きな課題となっています。

 

 

フィリピン基礎情報

国名:フィリピン共和国(首都:マニラ)

時差:日本時間-1時間

季節:乾季(11月~6月) 雨季(7月~10月)

平均気温:26~27℃

言語:フィリピノ語(タガログ語)

通貨:ペソ(1ペソ≒2.2円)

日本からのフライト時間:約4時間

ビザ:30日間以内の滞在の場合は不要

 

 

フィリピンの食事

日本ではあまり馴染みがないフィリピン料理ですが、主食は日本と同じくお米です!

植民地時代の影響もあり、パンや麺もよく食べられています。

 

お醤油やお酢、生姜などを使った料理も多く、他のアジア諸国の料理に比べてクセもあまりない為、日本人の舌に合うとも言われています。人気料理はお醤油ベースで鶏肉や豚肉を煮込んだ「アドボ」!お米と一緒に食べると絶品でやみつきになる事間違いなし♪

 

 

フィリピンの人々

ホスピタリティに溢れる国民性に加え、フィリピンはおもてなしの精神に富んだ国です。日本からお客さんが来ると、「Mabuhai!(ようこそ!」と明るく温かく迎え入れてくれます。

 

こどもでも大人でも、バックグラウンドに様々なものを抱えていても、いつも笑顔と他人への気遣いや優しさを忘れないフィリピンの人々。生きる上で本当に大切な事は何か、フィリピンの人々から学ぶ事がたくさんあると思います!

資料請求
説明会に参加する

 

  4.参加者の声

たくさんの気付きを得たフィリピンでの日々!

 

日本にいる間は、毎日を大切に生きることや意味を持って過ごすことを、特に意識したことは正直なかった。フィリピンで過ごした日々は、まさにその想いをぎゅーっと詰め込んだような、何とも言えない、まるで天国のような時間だった。

特に印象に残ったのは、やっぱりこども達。色んなバックグラウンドを抱えているはずなのに、いつも笑顔で遊ぶし、一生懸命勉強もするし、とても素敵で大きな夢を抱えている。彼らに教えることよりも、彼らから教えてもらうことの方が圧倒的に多かった。

こども達の一つひとつの行動や表情はすごく意味があるし、刺激的なものだった。もう一度みんなと目一杯かけっこしたい、そのために日本で自分ができることを精一杯やりたい。そして、必ずあの場所に帰る。ありがとう、みんな!

(山田延孝 / 2012年孤児院ボランティア参加 / 参加時:東京学芸大学3年)

 

1つ1つの積み重ねが、こども達の支えになる

 

初めは不安ばかりだったけど、このプログラムに参加して出会った仲間やスタッフに支えられ、みんなで楽しく真剣に活動できました。自分に出来ることは限られているけど、それでもゼロではなくて、本当にちっちゃい事かもしれないけど、その積み重ねがいつかこども達の支えになると良いなと思います。

こども達は普段たくましくて強く見えるけど、本当は甘えん坊で寂しがりで、すごく可愛くてたくさん癒されたし、交流を通じてたくさんの事を学びました。参加して本当に良かったです!

(2014年孤児院ボランティア参加/ 参加時:日本体育大学2年)

 

 最高に幸せな毎日!

 

あっという間のフィリピンでの日々は、最高に楽しく、1日1日がとても濃く、日本で感じることのできない多くのことを感じる事ができました。たくさんの人と出会い、自分には何ができるのかを考えさせられました。

プログラムへの参加を考えている方も是非、フィリピンでたくさんの人に出会い、言葉が伝わらなくてもコミュニケーションを取ろうとする気持ちを大切に、全力で楽しんでください!ジャイラホームのこども達、ホームステイ先の家族、アクションのスタッフ、そして参加者みんなに出会えて、本当に幸せな日々でした!!

(2014年孤児院ボランティア参加 / 参加時:昭和女子大学3年)

 

価値観や考え方が大きく変わるきっかけに

 

出発前、「フィリピンに何をしに行くの?」と聞かれても「ボランティアだよ」と言えなかった。何がボランティアなのかわからなかったし、それは今もわからないけど、確実に出発前と後の自分は違うと感じる。こども達と遊んでいる時はとても楽しかったけど、みんな孤児院にいるこども達なんだと思いだすと、こども達のたくましさと明るさに驚いてばかりだった。

フィリピンという国や人の事を知れただけでなく、自分の日本でのあり方も見直すきっかけになった。

(2014年孤児院ボランティア参加 / 参加時:東京学芸大学1年)

資料請求
説明会に参加する

 

  5.申込み方法

申込み/資料請求以外のご質問もお気軽にお問合せください!

 

1.電話・ウェブから資料を請求してください。

  

パンフレットと申込書を郵送またはメールでお送りします。

 0422-26-6123

資料請求

 

 

2.申込書をメールまたは郵送で、提携旅行代理店【マイチケット】へお送りください。

  

<メール> kanno@myticket.jp (担当:神野)

< 郵 送 > 〒660-0084 兵庫県尼崎市武庫川町4-27-1

      株式会社マイチケット 担当 神野



3.申込み金をお振込みください。

  

・マイチケットから詳しい旅行条件を説明した書類と請求書を郵送します。

・書類をご確認の上、3日以内に申込み金2万円を指定口座にお振込みください。

※申込み金は旅行代金の一部です。残金は出発の22日前までにお振込み頂きます。



4.参加決定!

 

・振り込みができ次第、旅行契約成立となり申込み完了です!

・事前研修のお知らせやその他資料等は後日ご自宅へメールまたは郵送します。



<出発までの流れ>

 

・出発1カ月前にしおり等の資料がご自宅に届きます。

・出発1週間前にeチケットなど最終のご案内がご自宅に届きます。

・2017年2月4日(土)に東京で事前オリエンテーションを行います。ぜひご参加ください。

  ■ お申込み・お問合せ先

TEL:06-4869-3444

MAIL:kanno@myticket.jp

 

株式会社マイチケット(担当:神野)

〒660-0084 兵庫県尼崎市武庫川町4-27-1

URL:http://www.myticket.jp

 

エアワールド(株)代理店/日本旅行業協会(JATA)協力会員

兵庫県知事登録旅行代理店業代142号(総合旅行業取り扱い管理者:山田和生)

 

 

  ■ 呼びかけ団体/ツアー中の活動についてのお問合せ

TEL:0422-26-6123

MAIL:workcamp@actionman.jp

 

NPO法人アクション

〒180-0023 東京都武蔵野市境南町3-10-1-1F

URL:http://www.actionman.jp