ストリートチルドレンボランティア
 
貧困や国際協力について学びを深める8~10日間
 
  
 
 路上で働く”ストリートチルドレン”と呼ばれるこども達。彼らは実際にはどんな生活を送り、どんな人生を歩むのでしょうか。このプログラムでは、交流・ワークショップ・ボランティアと様々な形でストリートチルドレンと出会い、彼らの人生に触れることで貧困や豊かさ、そして彼らが必要とする支援とは何かを考え、学びを深めます。
 

< こんな人にオススメ >

 ・ストリートチルドレンや貧困問題、国際協力に関心がある!

  学びを深めたい!

 ・出会いや交流はもちろん、こども達の声や考えを知りたい!

 ・学ぶだけじゃなく、こども達のために活動したい!

 

  
資料請求
説明会に参加する

1.活動内容・ポイント 

2.日程・旅行代金   

 3.フィリピン概要    

4.参加者の声     

5.申込み方法     

  1.活動内容・ポイント
 
ポイント1
ポイント1

ストリートチルドレンと出会う

▼ 青空教室に参加&給食作り ▼

ポイント1
ポイント1

こども達を深く理解する

▼ 貧困地域で生活体験 ▼

ポイント3
ポイント1

フィリピンの現状を知る

▼ 貧困地域の幼稚園でこどもと交流 ▼

 

資料請求
説明会に参加する

 

 

  2.日程・旅行代金

 

■日程・旅行代金:

日程A:2017年815日(火)~823日(火)  8泊  9日

日程B:2017年9  5日(火)~914日(木)  9泊10日

 

■申込み締切り:

日程A:2017年78日(土)

日程B:2017年729日(土)

※締切り後の申込みはお問合せください。

 

■最小催行人員:   3

■募集予定人員:20

 

■旅行代金:

日程A:163千円

日程B:166千円

 

【旅行代金に含まれるもの】

成田空港-マニラ空港の往復航空運賃、現地交通費(自由行動時除く)、食費(日程A:朝6回、昼3回、夜6回/日程B:朝7回、昼4回、夜7回)、宿泊費、アクション会員費、活動協力費

【旅行代金に含まれないもの】

年遊特別付加運賃、航空保険料、成田空港使用料、マニラ空港税、海外旅行保険の保険料

 

<スケジュール>

 

1日目

 朝:成田空港集合後、マニラへ出発

 マニラ空港到着後、専用車で活動地オロンガポへ移動

ホテル泊
2日目

 オリエンテーション/

 ホームステイの地域で家族と対面

ホームステイ泊
3日目

 貧困地域の幼稚園で交流/

 オロンガポ市の市場視察

ホームステイ泊
4日目

 ホームステイ先の家族と自由行動

ホームステイ泊

<日程A>

5~7日目


<日程B>

5~8日目

 ・ストリートチルドレンの青空教室に参加・給食作り

 ・貧困や豊かさ、こどもについて考えるワークショップ

 ・貧困地域の幼稚園でのアクティビティ準備

 ・孤児院ジャイラホーム訪問、代表による講座(日程B)


 ホームステイ泊
最終日前日

 貧困地域の幼稚園で交流

 ホストファミリーとさよならランチ/振り返り

ホテル泊
最終日  マニラ出発/夜:成田空港到着、解散

 

※利用予定航空会社:フィリピン航空

※宿泊先:ホームステイ、Travel lodge(または同等クラス)

※成田空港以外からの発着も可能です!ご希望の方はお問合せください。

※添乗員は同行しません。現地係員としてNPO法人アクションのスタッフが同行します。

 

 

 

■引率者紹介

引率スタッフ山本浩平

 

日本人スタッフが全日程を引率します!

このプログラムでは、全日程でフィリピン事務局の戸塚が引率します!現地での生活のサポートの他、必要に応じて通訳にも入りますので、初海外・初ボランティアの方でも安心してご参加いただけます。

  

資料請求
説明会に参加する

 

↓↓もっと詳しく知りたい方はコチラ↓↓


3.フィリピン概要

4.参加者の声

5.申込み方法

 

  3.フィリピン概要

フィリピンは7107の島々から成る東南アジアの国です。長い間、スペイン・日本・アメリカの植民地であった歴史があり、言語は母国語のフィリピノ語(タガログ語)以外に、英語も多く話されています。英語の通用度はアジアで一番と言われ、最近では留学先としても人気の高い国です。気候も人も温かく、フィリピン人はホスピタリティに溢れる国民性とも言われています。そんなフィリピンですが、貧富の格差が大きい国でもあります。首都マニラ近郊には高層ビルや高級ショッピングモールが立ち並ぶ一方でスラム街やゴミ山も依然として存在し、孤児や路上で働くストリートチルドレンの姿も多く見られます。発展の傍らで貧困の連鎖がなくならない事が、フィリピン社会全体の大きな課題となっています。

 

 

フィリピン基礎情報

国名:フィリピン共和国(首都:マニラ)

時差:日本時間-1時間

季節:乾季(11月~6月) 雨季(7月~10月)

平均気温:26~27℃

言語:フィリピノ語(タガログ語)

通貨:ペソ(1ペソ≒2.2円)

日本からのフライト時間:約4時間

ビザ:30日間以内の滞在の場合は不要

 

 

フィリピンの食事

日本ではあまり馴染みがないフィリピン料理ですが、主食は日本と同じくお米です!

植民地時代の影響もあり、パンや麺もよく食べられています。

 

お醤油やお酢、生姜などを使った料理も多く、他のアジア諸国の料理に比べてクセもあまりない為、日本人の舌に合うとも言われています。人気料理はお醤油ベースで鶏肉や豚肉を煮込んだ「アドボ」!お米と一緒に食べると絶品でやみつきになる事間違いなし♪

 

 

フィリピンの人々

ホスピタリティに溢れる国民性に加え、フィリピンはおもてなしの精神に富んだ国です。日本からお客さんが来ると、「Mabuhai!(ようこそ!」と明るく温かく迎え入れてくれます。

 

こどもでも大人でも、バックグラウンドに様々なものを抱えていても、いつも笑顔と他人への気遣いや優しさを忘れないフィリピンの人々。生きる上で本当に大切な事は何か、フィリピンの人々から学ぶ事がたくさんあると思います!

資料請求
説明会に参加する

 

  4.参加者の声

ストリートチルドレンに関心があり、参加を決意!

 

ストリートチルドレンや国際協力に関心があり、プログラムを探していたところ、アクションのツアーを発見。見学や訪問だけでなく、実際に体験することで深く知り、学ぶことができる点に魅力を感じて参加を決めました。

参加した結果は、ストリートチルドレンのツアーを選んで大正解!フィリピンでは、こども達や現地の人との関わりも多く、毎日がとても充実していました。ツアーに参加して関心がある分野について学べたことはもちろん、自分でも驚くほど行動的になって日本へ帰ってきました!1週間では吸収しきれないほどたくさんの事を感じ、考えさせられる事も多く、自分を成長させる本当にいい機会になりました。フィリピンで感じた事を無駄にしないよう、日本でも過ごしていきたいです。

(倉田梨香子/2014年春・夏参加/参加時:専修大学3年)

 

起きてから寝るまで、こんなに幸せを感じたのは初めて

 

フィリピンで出会ったこども達はみんな自分より年下なのに、考えていることは自分の何倍も大人で、こども達から学ぶ事が沢山ありました。それが自分の中ですごく刺激になったし、こども達から教わった事は日本に帰ってきてからの生活にも活かしていきたいと思います。

プログラムに参加している間に、フィリピンの様々な側面を見ることがでいました。ホームステイ先の家族もみんな温かく会いに溢れていて、毎日朝起きてから夜寝るまで、こんなに幸せを感じた日々は初めてでした!参加を迷っている人は、絶対に参加した方がいいです!「行ってよかった」と必ず思えるプログラムです。

(2014年夏参加/参加時:フェリス女学院大学3年)

 

 こども達からたくさんのパワーをもらった毎日

 

常に笑顔を絶やさないこども達から、たくさんのパワーをもらいました。また、フィリピンではたくさんの人に出会え、心に残る忘れられない日々になりました。途上国であるフィリピンに行くことに最初は反対していた親に、一生のお願いをしてプログラムに参加して本当に良かったと思います。得るものがたくさんあるプログラムなので、参加して絶対に後悔はありません!色んな体験ができて、これまで出会ったことがない人達との出会いがあって、本当に幸せな毎日でした。

(2014年夏参加/参加時:高校2年生)

 

こども達のパワーを沢山感じた

 

フィリピンでの日々を通して、たくさんのこども達の様々な表情を見ることができました。生きることについて真剣な眼差しで話してくる時もあれば、無邪気で繊細な心を持っているこどもらしさもあり、ここでしか感じられないこども達のパワーも沢山感じました。

たくさんの人との出会いがあり、その場その場で人の温かさがあり、実体験としてそれに触れる事ができたこと、このプログラムだからこそ得られたものがたくさんありました。参加して本当に良かったです!

(2014年夏参加/参加時:花園大学学生)

資料請求
説明会に参加する

 

  5.申込み方法

申込み/資料請求以外のご質問もお気軽にお問合せください!

 

1.電話・ウェブから資料を請求してください。

  

パンフレットと申込書を郵送またはメールでお送りします。

0422-26-6123

資料請求

 

 

2.申込書をメールまたは郵送で、提携旅行代理店【マイチケット】へお送りください。

  

<メール> kanno@myticket.jp (担当:神野)

< 郵 送 > 〒660-0084 兵庫県尼崎市武庫川町4-27-1

      株式会社マイチケット 担当 神野



3.申込み金をお振込みください。

  

・マイチケットから詳しい旅行条件を説明した書類と請求書を郵送します。

・書類をご確認の上、3日以内に申込み金2万円を指定口座にお振込みください。

※申込み金は旅行代金の一部です。残金は出発の22日前までにお振込み頂きます。



4.参加決定!

 

・振り込みができ次第、旅行契約成立となり申込み完了です!

・事前研修のお知らせやその他資料等は後日ご自宅へメールまたは郵送します。



<出発までの流れ>

 

・出発1カ月前にしおり等の資料がご自宅に届きます。

・出発1週間前にeチケットなど最終のご案内がご自宅に届きます。

・2017年2月4日(土)に東京で事前オリエンテーションを行います。ぜひご参加ください。

  ■ お申込み・お問合せ先

TEL:06-4869-3444

MAIL:kanno@myticket.jp

 

株式会社マイチケット(担当:神野)

〒660-0084 兵庫県尼崎市武庫川町4-27-1

URL:http://www.myticket.jp

 

エアワールド(株)代理店/日本旅行業協会(JATA)協力会員

兵庫県知事登録旅行代理店業代142号(総合旅行業取り扱い管理者:山田和生)

 

 

  ■ 呼びかけ団体/ツアー中の活動についてのお問合せ

TEL:0422-26-6123

MAIL:workcamp@actionman.jp

 

NPO法人アクション

〒180-0023 東京都武蔵野市境南町3-10-1-1F

URL:http://www.actionman.jp