MENU

孤児院に住み込み!こどもの遊び道具作り&コテージ修繕|海外ボランティアのNPO法人アクション(ACTION)

こども達が夢に向かってチャレンジ出来る社会を目指して

アクションは1994年よりフィリピンのこども達を支援しているNGOです

寄付する・参加する

  • Facebook
  • twitter
  • メルマガ
  • 社長ブログ

資料請求

お問合せ



HOME > 海外ボランティア > 孤児院に住み込み!こどもの遊び道具作り&コテージ修繕

孤児院に住み込み!こどもの遊び道具作り&コテージ修繕

児童福祉の現場を訪ねる8日間

孤児院に住み込んで、こども達のための遊び道具作りとコテージ修繕を行います!竹馬や輪投げなどの遊び道具を作ることで、こども達に笑顔と楽しい時間をプレゼント!また、こども達が暮らすコテージの修繕作業はこども達の生活に直結したボランティアです。他にも、歯磨き指導や洗濯のお手伝いなど身の回りのお世話も行うことで、こども達と皆さんにとってかけがえの無い時間を作ることができます。親から見放され愛情が不足しているこども達のすぐそばで、こども達に全力で愛情を注いでくださる方を募集しています!

 

 

test:kojiinn

test:特設ページはこちら

プログラムの内容

1.孤児院に宿泊!こどもの遊び道具作りボランティア

孤児院ジャイラホームの子ども達は、普段施設の外に出る機会がほとんどなく、1年の大半を施設の中で過ごします。しかし施設内での遊び道具も、日本のようにゲームや遊び道具が沢山ある訳ではなく、その生活は単調なものになっています。そこで、子ども達が日々の生活を少しでも楽しく過ごせるよう、今回のプログラムでは子ども達のための遊具を手作りで製作&プレゼントします!何を作るかは参加者みんなで相談して決め、遊具が完成した後は子ども達に遊び方を教え、一緒に交流!楽しさだけでなく、参加者の皆さんからの愛情や想いがつまった遊具は、子ども達にとってかけがえのない宝物になるはずです。

2.こども達が暮らすコテージの修繕ボランティアワーク

孤児院孤児院「ジャイラホーム」では施設の老朽化が進み、こども達が日々の生活を送るコテージの中でも修繕が必要な箇所がいくつかあります。そこで、こども達が安全・安心に、そして気持ちよく日々の生活が送れるよう、今回のプログラムでは遊具作りと並行してこども達が暮らすコテージの修繕ボランティアワークを行ないます!遊び道具作りでこども達に楽しい時間と思い出をプレゼントするだけでなく、みんなで協力して汗を流しながら作業をすることで、こども達の生活環境を整えこども達の今後の成長もサポートします。遊び道具作りとコテージの修繕ワーク。ハード面とソフト面の両面からこども達をケアし、沢山の笑顔を届けましょう!

3.こども達の身の回りのお世話

施設のこども達は、大人からの愛情が不足していることが多く、寄り添ってくれたり、側で笑ってくれる大人の存在・愛情を求めています。自分と遊んでくれる、自分のことを見てくれるお兄さん・お姉さんが日本からやって来るこの期間は、こども達にとって夢のような時間です。今回は、遊ぶだけでなくこども達の身の回りのお世話をすることで、より近い距離でこども達と関係を築くことができ、こども達も多くの愛情を受け取ることができます。

 

<施設での主なボランティア内容>

・こども達の学校へのお見送り

・小さいこども達の洗濯のお手伝い

・寝る前の歯磨き指導

・こども達のために日本食を調理 など

4.他フィリピンの児童福祉の現状やこども達の背景について学ぶ

様々な状況のこども達をサポートする、ソーシャルワーカー。彼らの仕事は広く多岐に渡ります。制度も資源も不足しているフィリピンで、ソーシャルワーカーが果たす役割とは?また、彼らから見たフィリピンの児童福祉の現状、こども達が抱える課題とは?今回のプログラムでは、ソーシャルワーカーとして働くアクションのスタッフから様々な話を聞きます。子ども達との交流やボランティアワークだけでなく、彼らの抱える背景やフィリピンの児童福祉全体についても学ぶ事で、子ども達が必要としている支援は何か、経験・知識の両面から考えを深めます。

 

5.フィリピンの一般家庭でホームステイ!

日のホームステイを実施。フィリピン人と家族として過ごす事で、フィリピンでの生活や家庭の様子を体験します。家庭は施設で保護されている子ども達が本来いるべき場所。施設で過ごす子ども達と家庭で過ごす子ども達の違いや共通点、「家族」とはどういう存在か、など施設の中だけでは分からない視点を持つ機会にもなります。またホスピタリティ溢れるフィリピンの家族との出会いで、第2の家族ができるかもしれません!

 

開催日程

 

日程A:2017220日(月)~227日(月)   7泊  8日 

 

日程B:20173  2日(木)~315日(水) 13泊14日 

 

※参加が決定した方へ向け、2月に事前オリエンテーションを開催予定です。(会場:東京都内)

旅行代金

日程A:155千円


日程B:168千円

 


※上記旅行代金とは別に燃油代・空港税が必要です。(1万円〜1万5千円程度)

 

【旅行代金に含まれるもの】

成田空港-マニラ空港の往復航空運賃・現地通費(自由行動時を除く)・食費(日程A:朝5回、昼4回、夜6回 / 日程B:朝7回、昼6回、夜7回)・宿泊費・アクション会員費・活動協力費

 

【旅行代金に含まれないもの】

燃油特別付加運賃・航空保険料・成田空港使用料・マニラ空港税・海外旅行保険の保険料

 

※成田空港以外の利用についてはお問合せください。

催行人数

最少催行人員:3名 / 募集予定人員:15

 

申込締切

日程A:2017117日(火)


日程B:2017127日(金)


※申込み締切り後のお申込みはお問い合わせください。

申込資格

年齢:高校生以上 語学力:不問

・こどもや国際協力に関心があり、団体生活ができる方

・自分で判断ができ行動に責任を持てる方

 

※現在、通院中の方、または持病・症状のある方は状況によりお断りする場合があります。また、持病、その他の理由で集団行動ができないとスタッフが判断した場合にも参加をお断りする場合があります。ご了承ください。

参加申込の手順


① まずは資料請求を請求!申込書をご記入ください。

  • 下記の資料請求フォームから資料(無料)を請求!


② 申込書を旅行代理店のマイチケットに提出!

  • 参加申込書に記入し、旅行代理店のマイチケットまで、FAX・メール・郵送のいずれかで送付!

 

③ 参加決定!

  • 申込書受付後、マイチケットから詳しい旅行条件を説明した書面、請求書等が届きます。
  • 書類到着後3日以内に申込み金2万円(旅行代金の一部)を指定口座にお振込ください。
  • 申込金の振り込みが完了した時点で、旅行契約の成立となり、申込み完了です!

 

 ※マイチケットに申込書を送って、10日経っても資料が届かない場合は、お問い合わせください。

 

お問い合わせ・資料請求

参加者の声

孤児院のこども達と滞在

▼たくさんの気づきを得たフィリピンでの日々!

(山田延孝/東京学芸大学/2012年3月参加)

 

日本にいる間は、毎日を大切に生きること・意味を持って過ごすことを特に意識したことは正直なかった。フィリピンで過ごした3週間は、まさにその想いをぎゅーっと詰め込んだような、何とも言えない、まるで天国のような時間だった。特に印象に残ったのは、やっぱり子どもたち。いろんなバックグラウンドを抱えているはずなのに、いつも笑顔で遊ぶし、一生懸命勉強するし、とても素敵で大きな夢を抱いている。彼らに教えることよりも、彼らから教えてもらうことの方が圧倒的に多かった。10歳近くも年下の彼らは、裕福な国で生ぬるーく育った自分が見ることのできない世界や想いを経験している。だからその分、子どもたちのひとつひとつの行動や表情はすごく意味があるし、刺激的なものだった。もう一度みんなとめいっぱいかけっこしたい、そのために日本で自分ができることを精一杯やりたい。そして必ずあの場所に帰る。ありがとう、みんな!

▼1つ1つの積み重ねが、こども達の支えになる

(日本体育大学/2014年参加)

 

はじめは不安ばかりだったけど、このプログラムに参加してで合った仲間やスタッフに支えられ、みんなで楽しく真剣に活動できました。自分にできることは限られているけど、それでも0ではなくて、本当にちっちゃい事かもしれないけど、その積み重ねがいつかこども達の支えになること良いですね。

こども達は普段はたくましくて強く見えるけど、本当は甘えん坊でさびしがり屋ですごく可愛くて、たくさん癒されたし、交流を通じてたくさんのことを学びました。参加して本当に良かったです!

│ 海外ボランティアTOPへ戻る │

海外ボランティアへのご参加お待ちしております!お気軽にお問い合わせください。

電話番号

お問い合わせ・資料請求(ACTION)


PAGE TOP