MENU

スタッフ紹介|海外ボランティアのNPO法人アクション(ACTION)

こども達が夢に向かってチャレンジ出来る社会を目指して

アクションは1994年よりフィリピンのこども達を支援しているNGOです

寄付する・参加する

  • Facebook
  • twitter
  • メルマガ
  • 社長ブログ

資料請求

お問合せ



HOME > アクションとは > スタッフ紹介

スタッフ紹介

日本事務局(東京都武蔵野市)

日本事務局

日本事務局は3名のスタッフとインターンやボランティアさんで運営しています。日本のこどもの「生きるチカラ」を育むコドリーム(算数教室と学童)や、海外ボランティアの対応、学校での国際理解教育の授業実施、その他様々なイベント出店などを行っています。また、母親達の所得向上を目指すエコミスモの直営店も兼ねており、「sari sari」というアジアン雑貨のチャリティショップも兼ねています。地域のこども達やボランティアさんが集まる賑やかでアットホームな事務所です。

SACHIKO OSADA

SACHIKO OSADA

氏名:
長田 幸子(さっちん)
役職:
事務局長
出身:
東京都西東京市/1985年生まれ
趣味:
ランニング、料理、アイドルのライブに行くこと
特技:
飲まないでも水道水かミネラルウォーターかわかる

アクションの海外ボランティアに初めて参加をしたのが2003年、大学1年生の夏休みでした。保育士になることが夢でしたが、こどもに関わる職業は他にも色々あるということを教えてくれたのがアクションでした。こどもの笑顔が元気の源!日本事務局が運営している地域のこども向けのコドリーム(算数教室・学童)で、こども達の「生きるチカラ」を育みつつ、こどもから学ぶことの多さに自分も育ててもらっていると感じる日々を過ごしています。

 

CHIKA UNEO

CHIKA UNEO

氏名:
畝尾 知佳(ちかちゃん)
役職:
国内事業担当、ボランティアコーディネーター
出身:
東京都三鷹市/1988年生まれ
趣味:
ライブに行くこと
特技:
サザエさんの1コマ目を見ただけで話のオチが分かる

アクションの活動に興味を持っていただき、ありがとうございます!

フィリピンでも日本でも、こども達が成長していく上で大切な事はこども達がたくさんの人に出会い、愛され、見守られながら、社会と繋がっていく事ではないかと思っています。「国際協力」や「ボランティア」という枠を超えて、今よりもさらに沢山の方々と一緒に、こども達の成長をサポートできるよう、活動していきたいです。どうぞよろしくお願いします!

 

オロンガポ事務局・チカラスタジオ

準備中 フィリピン事務局はマニラの中心部から北西へ170Km(バスで約3時間)離れた中部ルソン最大の都市、オロンガポ市にあります。フィリピン事務局では日本人スタッフ3名とフィリピン人スタッフ13名の総勢16名でJICA草の根事業をはじめ、チカラプロジェクト、心理ケアプロジェクト等を実施しています。事務所に隣接するチカラプロジェクトスタジオからはこども達の笑い声や空手の掛け声、ダンスの音楽が響く明るい雰囲気のなか、賑やかに活動をしています。こども達の存在をいつも身近に感じながら仕事をすることができ、出勤のたびに元気が出る職場です!

MAKI TOTSUKA

MAKI TOTSUKA

氏名:
戸塚 真希(まきちゃん)
担当:
JICA 草の根パートナー事業、その他事業全般
出身:
埼玉県朝霞市/1987年生まれ
趣味:
美味しいものを食べる、映画を見る、ヨガ
特技:
書道

フィリピンに来てあっという間に 6年。こども達の笑顔がすぐそばにあったから現地で頑張ってこられました!こども達の笑顔には人の心を Happyにする不思議な力があります。こども達が笑顔になる瞬間・笑顔で過ごせる環境をつくることが、こども達の将来や私達の未来の可能性を広げることに繋がるのでは・・・そんな思いで日々活動しています。こども達の夢・将来の可能性を広げたい方、ぜひアクションの活動を一緒に応援してください!こども達が 1 回でも多く笑って成長できる社会をつくりましょう!

MACHIKO OBIKAWA

帯川真智子

氏名:
帯川 真智子(まっち)
担当:
チカラプロジェクト
出身:
青森県南津軽郡/1986年生まれ
趣味:
ダンス・旅行
特技:
自分の笑い声で人を笑わせる事

人生の岐路に立っている方、一緒にアクション起こしてみませんか?

子どもが好きだけど特に子どもと何かしたという経験が無い、何か人の役に立ちたいけど専門的な知識が無いので何をして良いか分からない、という方。私もそうでした。そういう人達が集まると勢いがあり、何でも出来ると私は信じています。海外ボランティア・スタディーツアーなど、アクションのプログラムを通して、一緒に悩み、アイディアを出し合い、一緒にフィリピンの子ども達と地域の可能性を広げましょう! Let’s take action!

職員画像01 職員画像02 職員画像03 職員画像04 職員画像05 職員画像06 職員画像07 職員画像08 職員画像09 職員画像10 職員画像11 職員画像12
職員画像13 職員集合画像

エコミスモ事務局(マニラ・マラボン市)

準備中 マニラ首都圏の北西に位置するマラボン市にエコミスモ事務所はあります。エコミスモの製品はお母さんたちが内職としてそれぞれの家庭で製作ををしています。エコミスモ事務所ではお菓子の袋を地域から買い取るほか、製品開発、品質検査、在庫管理などを3名のスタッフが実施しています。製作者のお母さんたちは10名。それぞれの担当工程を仕上げ、毎週土曜日にエコミスモ事務所へ持参し、品質検査そして賃金の支払いを受けます。みんなこども達を連れてくるので土曜日はとても賑やか!

エコミスモ職員画像 エコミスモ職員画像02 エコミスモ職員画像03 エコミスモ職員集合画像

│ アクションとはTOPへ戻る │


PAGE TOP