MENU

Actionブログ|海外ボランティアのNPO法人アクション(ACTION)

こども達が夢に向かってチャレンジ出来る社会を目指して

アクションは1994年よりフィリピンのこども達を支援しているNGOです

寄付する・参加する

  • Facebook
  • twitter
  • メルマガ
  • 社長ブログ

資料請求

お問合せ

ACTION BLOG

カテゴリ:海外ボランティア

Pick up!短期インターンプログラム

フィリピンでの活動経験を最大限生かしたアクションの短期インターン。NGOのインターンってどんなことをするの…?そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、2018年夏のインターンを1日ごとにダイジェストでご紹介!これを読めばインターンプログラムの内容と魅力が分かります♪

 

2019年春短期インターンの日程・詳細はコチラ

資料請求はコチラ

 

●短期インターンはこんな人におすすめ!

・自分の視野を広げる活動がしたい

・現地での活動を自分自身の成長にも繋げてみたい

・将来の選択肢として、NGOやNPOなど国際協力分野も視野に入れている

・海外ボランティアやバックパッカーでの旅の経験あり!今まではとは少し違う活動をしてみたい

・中・長期での途上国での活動に興味があるが、まずは短い期間で体験してみたい

・日程的にこの期間がどんぴしゃ!

 

●短期インターンに参加するとこんな日々が待っている!~2018夏ダイジェスト~

こちらでは、各日の活動をダイジェスト版でご紹介します。

1日ごとの活動の詳細&参加者日記もコチラで公開していますので、

もっと詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください♪

 

☆2018年夏短期インターン

実施日程:2018年8月24日~31日 7泊8日

 

Day1
1日目は移動日!日本→マニラ空港→活動地まで1日かけて移動。

日本の空港(成田・関空・中部)から、それぞれ同じ空港を利用する参加者で集合しフィリピンへ出発!他の参加者と打ち解けられるか心配だったけど、飛行機&移動の車内で仲良くなれて安心♪

 

Day2
2日目からいよいよ活動スタート!
午前中は特別授業を行う小学校の1つ、給食支援を行っているバライバイ小学校を訪問。普段この事業を担当している日本人スタッフから普段の事業の様子や現在のニーズを聞いたり、小学校の先生や保護者からも話を聞いた。

 

午後は特別授業を行うもう1つの小学校、ハニエル小学校での日本語教室について担当スタッフから説明。2つの小学校での具体的な活動内容を聞いた後、それぞれどちらの小学校での活動に関わりたいかを選択し、グループが決定した!自分たちに出来る最大限の活動は何かを考えながら、授業実施に向けて各グループ頑張ろうー!

 



 

Day3
3日目の朝は、近くの市場で朝ご飯。それぞれ好きな物を注文し、いただきまーす!市場での買い物も手馴れてきて、既に現地での生活に馴染んできたかも!?

この日は参加者同士の親睦も含め、みんなで滞在先の孤児院のこども達のためにカレー作りを実施。
それぞれ授業の企画を考えつつ、みんなでワイワイ料理をして距離も近付いたし、こども達も喜んでくれてカレー作りは大成功!

 



 

Day4
それぞれ授業の企画内容も固まり、あとは実施に向けて準備・準備・準備!
みんな本気で真剣だからこそ、話し合いも熱がこもる。

 

午後からは、バライバイ小学校に通うこども達の家でホームステイ!
みんなドキドキしつつ、家族の一員としてそれぞれ温かい時間を過ごした。

 


 

Day5
朝はバライバイ小学校の授業を見学。どのクラスでもこども達が熱烈に歓迎してくれて嬉しい!

 

そんなこども達からパワーをもらい、午後は施設に戻って企画準備。この日は、アクションの代表&同じ期間で実施されていたストリートチルドレンボランティアの参加者も来訪し、全体に向けて授業の企画発表も行った。緊張したけど、授業実施に向けてラストスパート!

 


 

Day6
6日目はいよいよバライバイ小学校で食に関する特別授業を実施!こども達が沢山集まってくれ、徹夜で準備した食育に関する動画を上映!ハプニングや想定外のこともあったけど、最後は自分たちで考えたオリジナルの歯磨きダンスを踊り、無事授業をやりきることが出来た!

 

夜に全員でフィードバックをして、明日の日本語教室組にバトンタッチ!フィリピン滞在も残りわずか…

 

 

Day7
活動最終日。日本語教室での特別授業実施の日。ギリギリまで準備を詰め、いよいよ迎えた授業本番!日本語での自己紹介の練習と、「世界にひとつだけの花」の歌を振り付けと一緒に教えて、最後はみんなで日本語で大合唱!みんな笑顔の授業になった。

 

滞在最終日の夜は1週間宿泊した孤児院「ジャイラホーム」のこども達とさよならディナー!企画以外の時間、日々の生活を通してジャイラのこども達とも仲良くなれた。

 

 

Day8

あっという間の1週間、沢山の出会いと沢山の経験、学びを持って日本へ帰国。1週間を振り返り、帰りの空港でもみんなでディスカッションが始まるくらい、他の参加者とも深く接することが出来た!

みんな本当にお疲れさまでした!

 

●2018夏参加者の感想&これから先の参加者へのメッセージ

・8日間のインターンは本当に濃い学びの多い期間だった。海外でここまで人と語り合ったり、自分では見たことのない生活スタイル、文化、フィリピン人とのふれあいで多くの発見や楽しさ、学びがありました。

 

・人間的にも成長できて沢山のもとを得ることが出来てとてもよかった!

 

・是非参加してみてほしい!大きな志や目的が無くても行って感じるもの、得られるものが沢山あると思います。

 

・1週間を通して新しい仲間、新しい自分、新しい価値観、沢山の新しいものに出会えます!

チャレンジすること、発信することを恐れず参加してほしいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP