MENU

海外ボランティアの不安と疑問を解決!よくあるQ&A|海外ボランティアのNPO法人アクション(ACTION)

こども達が夢に向かってチャレンジ出来る社会を目指して

アクションは1994年よりフィリピンのこども達を支援しているNGOです

寄付する・参加する

  • Facebook
  • twitter
  • メルマガ
  • 社長ブログ

資料請求

お問合せ



HOME > 海外ボランティア > 【Q&A】初心者にもよく分かる海外ボランティア > 海外ボランティアの不安と疑問を解決!よくあるQ&A

海外ボランティアの不安と疑問を解決!よくあるQ&A

海外ボランティアの不安と疑問

Q1.ボランティア未経験でも参加できるの?

NGOの国際協力の活動現場を訪れ体感できるツアー

ほとんどの参加者が初めて海外ボランティアに参加する人です。ボランティアの経験も、専門的な知識やスキルも必要ありません。参加者の方ほとんどが海外に行くのも始めてです。興味と意欲がある人であれば誰でも気軽に参加できます。
フィリピンやボランティアに興味がある、孤児院やストリートチルドレンのこども達を支援したい、自分自身の可能性を広げたいなど、海外ボランティアに興味を持ったらたらまずは気軽に参加してみましょう。様々な出会いや自分の成長などたくさんのものを得て帰ってくるはずです。

Q2.英語もフィリピン語も話せないけど大丈夫?

コミュニケーションには言葉を話せることよりも「話したい」という気持ちが大事です。そして、自分から話しかけて積極的にコミュニケーションを取れば、相手に気持ちや意志はきっと通じます。簡単な英単語を言ってみる、ジェスチャーや絵を書いてみるなど、コミュニケーションの方法は無数にあります。「旅の指さし会話帳」を持って行けば、会話の助けとなるだけでなく、会話のきっかけ作りにもなります。

盲ろう学校を訪問した手話のできないたくさんの参加者が、目が見えなかったり声を出して話せない障害を持つこども達とコミュニケーションを取り、一緒に楽しく遊んでいます。工夫をしていろんな人と積極的にコミュニケーションを取ってみましょう。

海外ボランティアプログラムをきっかけに、苦手な英語を話せるようになるために英会話学校に通い始めた人も大勢います。

 

Q3.一人で参加できるの?参加者はどんな人たち?

一人で参加するのは不安かもしれませんが、参加者のほとんどが一人で参加しています。海外ボランティアに初めての参加の方も多いので、一緒に寝泊まりをして、アクティビティを協力をして一緒にすればすぐに仲良くなって友達になれます。帰国後も定期的に会うような仲間ができることも珍しくありません。

また、参加者は大学生をはじめ、社会人の方も多くいます。最近では高校生の参加も増えています。過去には40代の方や60代の方も参加されていますので年齢等にこだわらずに参加してみてください。

ちなみに男女比率は、通常は男性が2割、女性が8割程度です。時には男性の参加者が多く元気いっぱい盛り上がるプログラムもあるので、どんな参加者に出会えるかは申し込んでからのお楽しみになります。

 

Q4.学生なのですが、自分の学校から参加した人がいるか知りたいです

過去に参加した方たちの主な学校名を並べました。 もちろんこれ以外に、社会人の方も参加しています。(50音順)

 

(ア)
愛知県立大学、青山学院大学、青森公立大学、秋草学園短大、秋田大学、朝日大学、芦屋高校、亜細亜大学、岩手県立大学、茨城キリスト教大学、East Anglia University、宇都宮大学、桜美林大学、大分大学、大坂教育大学、大阪市立大学、茨城大学、大谷大学、大妻女子大学、桜美林大学、お茶の水女子大学、大阪外語大学、大阪芸大、大阪保健福祉専門学校、茨城県立医療大学、茨城大学、愛知淑徳大学、大阪大学(カ)
川崎医療福祉大学、川村学院女子大学、学習院女子大学、神奈川大学、鎌倉女子大学、関西学院大学、神田外語大学、北九州市立大学、岐阜大学、京都外国大学、京都造形技術大学、京都女子大、京都工芸繊維大学、京都文教大学、杏林大学、熊本大学、久留米大学、群馬大学、慶応大学、工学院大学、高知大学、神戸学院大学、神戸市外国語大学、甲南女子大学、神戸商科大学、神戸女子大学、神戸親和女子大学、國學院大学、国際基督教大学、国士舘大学、駒澤大学、駒場東邦高校、慶應義塾大学、国際医療福祉大学、金城学院大学、共立女子高等学校、学習院大学、神奈川県立保健福祉大学、川村学園女子大学、岐阜県立東濃実業高等学校

(サ)
埼玉大学、札幌西高校、滋賀医科大学、滋賀県立大学、静岡県立大学、実践女子大学、四天王寺国際仏教大学、島根大学、椙山女学院大学、十文字学園女子大学、淑徳大学、上智大学、常葉学園大学、常磐大学、女子美術大学、信州大学、成蹊大学、聖学院大学、聖心女子大学、聖路加看護大学、専修大学、創価女子短期大学、創価大学、成城大学、西南学院大学

(タ)
大東文化大学、大正大学、拓殖大学、玉川大学、千葉大学、中央大学、中京女子大学、筑波大学、筑波女子学園大学、津田塾大学、都留文化大学、帝塚山学院大学、東京女子医科大学、同志社大学、東北学院大学、徳島大学、東海大学、東京外語大学、東京学芸大学、東京女子大学、東京家政大学、東京工業大学、東京国際大学、東京大学、東京水産大学、東京農工大学、東京農業大学、東京理科大学、東北福祉大学、東洋英和大学、東洋英和女学院大学、東洋大学、徳島大学、都立昭和高校、獨協大学、戸田中央看護専門学校、東京都立保健科学大学、東京工芸大学

(ナ)
名古屋商科大学、名古屋外国語大学、長崎県立シーボルト大学、新潟大学、西九州大学、日本社会事業大学、日本女子大学、日本大学、日本福祉専門学校、日本福祉大、日本文理大学、日本メディカル専門学校、奈良教育大学、日本外国語専門学校、日本ウェルネススポーツ専門学校、日本女子体育大学、中村学園大学、長野県看護大学、奈良女子大学、長崎大学

(ハ)

服部栄養専門学校、福岡大学、佛教大学、一橋大学、広島大学、藤女子大学、フェリス女学院大学、文京女子大、プール学院大学、セントラルワシントン大学(米国)、法政大学、北海道医療大学、北海道教育大学、北海学園大学、北海道大学、文京高校、広島文教女子大学、兵庫大学、兵庫県立三田西陵高校

(マ)
武蔵野女子短大、武蔵野(女子)大学、宮崎国際大学明海大学、明治学院大学、明治薬科大学、明星大学、桃山学院大学、明治大学、明海大学

(ヤ)
山口大学、横浜国立大学、横浜市立大学

(ラ)
酪農学園大学、立教大学、立正大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、龍谷大学、流通科学大学、麗澤大学、ルーテル学院大学、立命館慶祥高校、琉球大学

(ワ)
和洋女子大学、早稲田大学、YMCA専門学校

Q5.安全面は大丈夫なの?

「発展途上国」「フィリピン」というと危険、というイメージをもっている方もいらっしゃると思います。しかし、20年間に約3000人以上の参加者がいますが、今までに参加者が大きな事件に巻き込まれたことはありません。訪問先の孤児院などのサンバレス州で現在までにテロが起こったこともありません。
今までに起きたほとんどのトラブルは、普通の海外旅行をするときと同じように常識的な行動を取っていれば防げたものです。街中で知らない人に話しかけられても相手にしない、引率スタッフがやってはいけないという指示に従う、貴重品などの自分の持ち物をきちんと管理する、自分の体調を考えて無理をしないなど、フィリピンだからといって特別なことはなく、気を付けるべきことは普通の海外旅行と変わりありません。
万が一トラブルが発生した場合には、日本人の引率スタッフや現地スタッフが全力で解決に当ります。現地オフィスには、現地の状況に精通しフィリピン語が堪能な日本人スタッフがいます。長年の支援活動を通して、地元の警察や市長、州知事との信頼関係も築いています。
参加者の病気や怪我はどうしても避けられませんが、こういった場合には、日本人でも安心して治療を受けられるきちんとした医師や医療設備を備えた病院へすぐに案内します。現地での病気や怪我に備え、病気と怪我の治療費や日本への移送費用などの補償が充実した海外旅行保険へ加入した上で参加してください。

プログラム参加者による海外ボランティア説明会

【Q&A】初心者にもよく分かる海外ボランティア

アクションの海外ボランティアの特徴

│ 海外ボランティアTOPへ戻る │


PAGE TOP